トップメッセージ

トップメッセージトップメッセージ

自転車を通じて世界の人々に
貢献できる企業を目指す

2021年2月度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、経済活動が大幅に抑制され企業収益が減少するなど景気は急速に悪化し、先行きは依然として不透明な状況で推移しました。

このような状況のもと、自転車は日常生活における人との接触、いわゆる「密」を避けるための移動手段として、通勤・通学を中心に活用機会が増えたことや、運動不足の解消を目的とした健康志向の高まりから利用が増加するなど、改めてその必要性が広く認識されるところとなりました。

当社としましては、この傾向は一時的な需要の高まりだけにとどまらず、今後も継続すると想定しており、より多くのお客様に安心・安全で快適な自転車ライフをご提供するとともに、日常生活を支えられるよう全力を挙げて取り組んでまいる所存です。

また、2021年2月度が最終年度の中期経営計画「あさひVISION2020」では、「SHIFT TO SPORTY」をメインテーマに掲げスポーツサイクルの普及を推し進めるとともに、組織基盤である「人間力」「商品力」「店舗力」の3分野からなるカルチャーモデルの強化に取り組みました。その結果、単なる移動手段だけではなく、自転車に快適性や健康などの付加価値を求めるお客様が増え、お気に入りの自転車を整備しながら大切に扱うという考えが浸透してきました。また、図らずもコロナ禍の中で高まった健康志向と当社のメインテーマが合致したことで、当初の目的を達成し充分な成果を挙げることができたと実感しております。

今後も企業価値の向上のため、2022年2月期からは中期経営計画「VISION2025」を定め、さらに成長を加速させてまいります。これまで培ってきた組織基盤を基に、様々な取り組みを通じて「わくわく」「安心」「便利」の3つの価値を提供し、お客様お一人おひとりの自転車ライフをより豊かなものにしてまいりたいと考えております。

今後とも、よりいっそうのご支援、ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長  下田 佳史代表取締役社長  下田 佳史

代表取締役社長  下田 佳史

その他のあさひについて